開放的なリビングでの生活はいかがですか

PR|練馬区で家をリノベーション
建てる予定の土地が狭く見え、このままここに建てていいか悩みました。
1階に、リビング、キッチン、バス、トイレ、客間、ちょっとした収納と、一般的な間取りにしたかったのですが、区切れば区切るほどせせこましく見え、家族4人でリビングに集合すると圧迫感がすごいだろうなと想像しました。
友人を呼び、家で食事会をすることも多々ある予定でしたので、リビングを広く取りたくて何度も設計士さんと話し合いました。

結局、リビングとキッチンと客間の区切りを諦めました。全部壁のない24畳の部屋にしました。
一区角だけ、四畳半の畳の床をつくり、必要があればそこを客間とし、ロールカーテンで仕切れるようにしました。
つらで広いので、解放感もあり、のびのび過ごせます。区切りがない分、壁側に収納を増やし、いつもリビングは物があまりない状態にできました。
窓を大きくとり、とても開放的なリビングになりました。段差もなくスッキリ見せれるので、さっと掃除をすれば客間がなくても来客時に困りません。

狭い土地でも天井を高くしたり背の高い窓やドアをつけると、圧迫感もなく過ごしやすいです。
その分、冷暖房が効きにくい点がありますので、お住まいの都合によっては、対策をしないといけません。
我が家は、床暖房を取り入れなかったので大型のエアコンと、冬はリビングに大きなこたつを用意してます。
あと、掃除機をコンセントタイプだと差し替えて差し替えてなので、ハンディタイプのものと、床に段差がないのでルンバが大活躍しています。

もう一つ私達が家を建てるうえで条件がありました実家近くで新築一戸建てで、子どもの為も考えて幼稚園や小学校が近いという事でした。

やはり子どもが居てると幼稚園は送迎バスがあるので少々離れていても問題なさそうですが、幼い子どもが長時間バスに揺られて帰る事になるのも何だかかわいそうで、私としましてはなるべく近くが良いかと考えておりまして、小学校は集団登校のできる近くの学校が望ましく、それらの条件に合う場所を探し見つけました。

しかし困った事に、元々田んぼだった土地を初めて住宅地にしたのですが、ゴミの収集場所をきっちり決めておらず、後々少し業者側とモメる事になってしまい大変でした。

ゴミ問題に関しましては、業者側が最初に指定した場所が住宅地の横のマンション側でゴミ収集場所の近くのお部屋の方から苦情があり、近隣住民の皆様と問題になる事が嫌だったので、御近所で自治会を立ち上げ、近隣住民の皆様や、市、業者と話し合いゴミ収集場所を2ヶ所に設け、収集場所を変更し解決致しました。

最初はマンション側と業者側で揉めてしまい、どうなる事かと心配しましたが、お互いに話し合いを重ねて問題解決できたので良かったです。

生活している以上、ゴミ問題は切っても切れない問題です。私達が落ち着くまで、かなりの労力と時間を費やしました。皆さんもお家を買われる前にゴミ収集場所の件は、くれぐれも業者側にきちんと対応してもらえるように気をつけて下さい。

<PR>|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|オーディオ|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|童話|GetMoney|英語上達の秘訣|心の童話|サプリメント|生命保険の選び方|初値予想|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|